コナンめも日和

「名探偵コナン」についてサンデー中心に書いています。

FILE1027 探偵の目

サンデー、久しぶりに原作の連載再開しました!

話そうDAYやどうぶつの森での告知通り、コナンと安室が長野の雪山へ…

色んな謎がまた明らかになりそうな話にドキドキワクワク。


しかし、まさか…脇田が登場するなんて!

軽く衝撃でした(笑)

安室と脇田がセットで出てきて、さらに舞台が長野って、何か起こらない方がおかしいくらいの緊急事態。


☆☆☆


さて、物語の流れを振り返ると…

スーパーあずさに乗って、ババ抜きをするコナンと小五郎。

小五郎は昔からババ抜きが鬼強…って初耳かも。

蘭がポーカーやギャンブルに強いのは、やっぱり小五郎の血を受け継いでいる感じですかね。

小五郎の残りのカードを抜きながら、「探偵の目」だと称賛する安室。

さすが安室…誉め上手ですよね(笑)

安室のカード(ダイヤ8)を抜いたのは、隣に座った脇田!

さらにそのカード(ダイヤ8)を抜くコナン。

ーーって、この描写ちょっとおかしいんですよね。

4人でババ抜きしていて、安室のカード(ダイヤ8)を脇田が引き抜いた時の札の並び

小五郎:上がり

コナン:ジョーカー

安室:スペードJ、クラブA

脇田:ダイヤ8、残り3枚


脇田の手元には「J(ジャック)」「A(エース)」「8」があるはずなので、「ダイヤの8」を引いた時点で、手元は2枚に減るはず。

8が揃ったのに、あえて捨てずに手元に残しているのか、話に夢中で捨てるのを忘れないのか、作画ミスか…?

脇田のカード(ダイヤ8)をコナンが引いているのでおかしなことになっているんですよね。

これも重要な伏線…だったりして。


ここで重要なのは、やっぱり「探偵の目」の話。

脇田はわざわざ「外れがわかる目」と言い換えて、

「自分を謀る裏切者がわかるじゃないですか…」

もし脇田がラムなら、まさにバーボンに対して言っているようなもの。

ラムは、バーボンに工藤新一の情報を求めたものの、一向に連絡なくて一体どうしたという状況な訳で。

バーボンの奴裏切りやがったな⁉、と疑っているラムの心境ですね。

それにしても、脇田の正体がラムなのか警察関係者なのか公安なのか寿司職人なのか未だに分かりませんが、

ラムだったとしたら、私立探偵と高校生探偵と公安と仲良くババ抜きで遊ぶ組織のNo.2…という実に不思議な光景に(笑)


そもそもこの4人が旅することになった理由は次の通り。

元々小五郎&蘭&園子&コナンの4人で行くつもりが、
園子が風邪を引き、蘭はお見舞いに、
蘭は安室を誘い、たまたま訪れた脇田も急遽参戦という形で、小五郎&安室&脇田&コナン 謎の一行が完成。

「○時間前…」といった風に時間を遡って事情を説明する見せ方、青山先生結構好きですよね。

この間の黒ウサギ亭の話もそうでしたし…

冒頭にインパクトを持ってきて、ツカミはOKというヤツですね。

長野で1拍2日の探偵旅行。

梓は予定が入っているので参加できない…このあたりも先生抜かりないというか(笑)

しかも長野行きの特急は「スーパーあずさ」でしたし。


4人で参加してくれ、というのも何か意味があるんでしょうね。

突然に寿司を持って事務所に現れた脇田は、事務所にサンドイッチの差し入れを持ってきた安室や、阿笠邸にカレーや煮込み料理のおすそ分けを持ってくる沖矢と同じ(笑)


☆☆☆


脇田が持ってきた寿司を折り詰めにして食べる一行。

小五郎が脇田の眼帯にツッコミを入れるも、前より酷くなったから…と誤魔化す(笑)

コナン界では脇田が登場してからそこまで時間がたっていないと言いつつも、
やっぱりずっと付け続けている眼帯が気になりますね。

「見てみやす?」とめぐるものの、ストップ(前もありましたね、このやりとり)。

これ、実際「見る」と言ったら見せてくれるんですかね…

もし義眼か何かでも、特殊メイクか何かでわからないようにしてそうですが。


長野の山奥の教会で謎の自殺を遂げた友人の謎を解いてほしいと言う依頼で、
1ヶ月前に暗号とともに小五郎に送られてきた手紙。


カタカナだらけの暗号。

読み方があるんでしょうが、一体どうやって読むのやら。

9マスだけ囲われた部分も気になりますし、
適当に文字を拾うと「キール」「ライ」「バーボン」と組織の裏切者のメンバーが読めてしまうのは偶然?(笑)

何かと組み合わせて読む暗号なのかも。


☆☆☆


吹雪の中、長野の山奥にある教会にたどり着いた一行。

安室と脇田が手ぶらなのは、どこかに荷物を預けてきているんでしょうか。

鍵がかかっておらず、悪い霊が棲みついていそう… 怖がる脇田(笑)

本当に脇田がラムだったら、ラムの苦手なもの=お化けってことになりますね。

コナンが言っているように、蘭と同じ(笑)


何者かによって教会に集められた27~28歳 5人の男女が、今回の関係者。

藤出頼人(ふじで らいと)
和田孝平(わだ こうへい)
古浦郁絵(こうら いくえ)
川崎陽介(かわさき ようすけ)
西野澄也(にしの すみや)

名前の元ネタは今のところ不明。

ですが、漢字4文字でそろっていたり、読みがなが1人を除き、6文字だったりと気になるところありまくり。

何やら先生による話では、名前にもヒントがあるそうなので。

もしかすると暗号に使われるのかも。

『紅の修学旅行編』でも登場人物の名前を使った暗号がありましたし、今回もそのパターンかも。

今回4人で来てくれという依頼だったので
関係者5人+4人の計9人でなければならない理由があるのでしょうか…

小五郎の手紙の差出人 日原泰生(にちはら たいせい)=ニッチは、2ヶ月前に教会で自殺した本人。

もう既に亡くなっている人からの手紙…


さらにデッキが崩れて、みんなの車が谷底に…

おそらくコナンたちは今回タクシーか何かで山奥まで来たんでしょうね。

小五郎も特に驚いていませんし、他の参加者の車がデッキに停めてあることにも知らなかったみたいですし。

真新しい「駐車場」の看板で車を誘導して、車を谷底に落とす犯人の罠。

「連続殺人が起きやすい…まさに『雪山の山荘』ですからねぇ…」

脇田がこの発言によって、ますますミステリーな展開に。


これ確実に連続殺人起きますよね…

さらに長野県警の3人が登場するはず。

車が谷底に落ちただけで、山道を通れば警察も来れるはず。

携帯が圏外になっていなければ…ですが。


安室さんと諸伏警部が今回の話で対面するはずなので、どんな展開になるのかも楽しみです。

そして、安室と脇田の間にも何かありそうな予感…

脇田の秘密が何か明かされるかもですし。


来週は、コナン&安室のサンデー表紙!

雪山スタイルの2人になりそうなので、こちらも楽しみです♪


【追記】

こんな秘密があるとは、驚きました。

ええっ⁉ 関係者の名前が…野球場の名前になっている⁉

しかも閉鎖された今はない球場に…

閉鎖されて廃墟ってまさに今回の話にぴったりな元ネタ… 気付かれた方凄いですね…!

しかも暗号の件は、9人だから9人といえば野球…

暗号を野球場に見立ててメッセージを読んでいくって…そんなこと出来るのか⁉

と思いましたが、出来るんですね。

暗号を守備位置に見立てて順番に読むって…

しかも意味のある浮かび上がってくる… まさかこんな風に解くことが出来るなんて意外でした。

この間のゼロティこと『ゼロの日常』は野球回で、青山先生のプロット。

安室が登場して、野球… 完全に今回の話の伏線になっていたんですね!

いやぁ…恐ろしいですね…

野球に詳しくない人は結構難しい感じですが、さすが野球好きな青山先生ならではのネタだなと感じました。

来週以降もより楽しみになりました。




ゼロの日常 TIME.27 ゼロじゃありませんから

今週のゼロティ、野球回の後編!

表紙&巻頭カラー、しかもカラーが4ページもあって気合いの入り方が違いますね。

現在、サンデーには野球漫画が2本連載中。

現在休載中の「MAJOR 2nd」と、この間連載が始まった「アノナツ」

ゼロティもこのまま野球回が続けば、野球漫画の仲間入り…と思ってしまいました(笑)

表紙はストップウォッチを持っている安室で、「コンマ零」

スポーツにちなんだ表紙になっていますね。


今回も青山先生によるプロット回!


「僕達が、勝つ可能性は まだーー ゼロじゃありませんから!」

米花ライスフラワーズVS杯戸ジャガーズ

その宣言通りに、巻頭カラーで安室は見事にホームラン!

さすが安室さん。

野球もできる男なんですね…

先週までは本気を見せていなかったということか…

しかも池ポチャのホームラン…相当飛ばしていますね(笑)


カラーの見開きも新井先生らしい色使いで素敵に仕上がっていますね。

風見もどこか誇らしげな表情で。

球漫画の風格が漂ってますし。


そうそう 今週のプレゼントページは、「おうちBar化計画」と題して、スーツの安室とともにBarアイテムが載っています。

さすがにこの間みたいに赤いグッズは載っていませんね(笑)


試合状況。

米花ライスフラワーズが9対0で負けていて、安室が1点返したので9対1に。

彩代の代わりに緑が登板することに…

妙にやる気十分な風見、さらっと後ろの方で三振になっているのが面白い(笑)

緑さんもストレス解消のためにバッティングセンターに行くことあるんですね。

安室のアドバイスにより、フォアボールに。

安室がピッチャーのクセを見抜き、それぞれに適したアドバイスを仲間に伝えていく。

米花ライスフラワーズの面々はそのアドバイス通りにしたことで、なんと2点追加で9対3!

6点差に追い付きます。

相手の特徴を見抜き、自らの戦力に活かしていくまさにデータ野球といった感じですね。


米花ライスフラワーズ ピッチャー安室!

謎の豪速球で杯戸ジャガーズの選手を次々三振に。

安室さん、すごーい‼ と梓も感心。

今回の安室は何気にポアロで働いている時には見せていない表情も結構見せていますよね…

投球する時、瞳孔が開いて怖い表情の安室は『ゼロの執行人』のあのRX-7激走ハイウェイを思い出します(笑)

そういえば、緑を乗せてRX-7走らせた時もこんな表情をしていましたね。


試合は進み、9対7でついに2点差!!!!

7回裏、ついに最終回。

ここで3点取れば、米花ライスフラワーズの逆転勝利!

梓のナイスバッティングでツーアウト一&二塁…

ここで安室がバッターボックスに!

まさに美味しいところをもっていくのが彼ですね。

しかし、敬遠でバットを振らせてくれない展開に。

よく打つバッターほど、敬遠されますよね。

ここで安室がフォアボールで塁に出れば満塁。

次のバッターは風見だが、今日はノーヒット。

いつ打つの? 今でしょ!

妙にカッコつけてノリノリな風見(笑)


スリーボール…安室は「バットを逆さに持つ」暴挙に!

しかしこれは「敬遠に抗議した伝説の名選手の構え」だそうで。

1965年、阪急のダリル・スペンサー選手が敬遠に抗議して逆さにバットを持って打席に立ったそうです。

本当にあるものなんですね。

さらには、1968年や1971年など複数回、東映張本勲選手が 敬遠に抗議して逆さにバットを持って構えたそうで。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/201709200000161_m.html

張本選手の背番号は、10。


今回の安室の背番号も、10!

伝説の名選手は、おそらく張本選手のことかもしれませんね。

その構えを見たピッチャーは「なめんな!」と直球勝負。

安室はこのタイミングを待っていたんですね…

見事逆さに構えたバットに当ててしまうのも彼の凄さ。

そしてあっという間に同点!

三塁からホームへ安室が駆けていく!

安室がホームに帰れば逆転勝ち!

彼はどこまでもいいところを持っていきますね(笑)


三塁からホームへの送球、安室の足…速かったのはーー

安室!!!!!!

見事な逆転勝利!

9対10で米花ライスフラワーズの勝利!


背番号10の「1」が取れて、「0」になってのガッツポーズ。

カッコよすぎる演出。

その後ろ姿にみんな惚れましたね(笑)

「ゼロじゃなかった」のゼロと、降谷零のゼロに掛けているんですね。

しかも背番号10の張本選手の逆さバットといい、
球漫画としては最高のクライマックスといった感じでした。

プロットが青山先生なので、やっぱり『4番サード』のことを思い出しながら描いたのかな…と。


最後はラーメン小倉で乾杯、オチは風見(笑)


前回安室から活躍を期待されたのに、全くいいところなしで終了…

安室に最後に全て持っていかれたのを随分気にしている風見。

そんなところも風見らしくていいのかもしれませんね…


さて! 11~15号はお休み。

ついに原作再開!

5話分 長編?の物語が展開されます。

コナンと安室が長野の雪山で事件に遭遇!

ここできっとヒロや警察学校関係、黒田関係、お茶会の話が明かされる…はず?


ゼロティは次回、深夜の日常。

久々にバーボンの話か、深夜のハロの話か、深夜の風見の話になるのか…⁉ 楽しみです♪



ゼロの日常 TIME.26 米花ライスフラワーズ

ゼロティ今週は噂の草野球回!

しかも先週に続き、青山先生プロット回。

昔サンデーの漫画キャラが野球するCMがありましたが、コナンのキャラだけで野球できそうですよね。


扉は幼い頃の降谷零。

少年時代、友達と草野球…

今までケンカしてボロボロになったり、ヒロと釣りに出かけたりといった思い出が多かったので、こんな風に友達と仲良く遊んでいる彼を見るのはちょっと嬉しいですね。


提無津川の河川敷、ジャージ姿の安室と風見。

梓さんにラーメン小倉の店主、緑さんに鶴山のおばあちゃま…ゼロティでお馴染みのメンバーが集結し、何を始めるのかと思いきや…

なんと草野球!

小五郎とポアロのマスターが風邪でダウンして助っ人として呼ばれた二人。

風見は 昔安室の助手をつとめていた「飛田(ひだ)」として参戦!

風見の偽名「飛田(ひだ)」、もちろん元ネタは、風見裕也演じる声優・飛田展男(とびた のぶお)さんからですね(笑)

安室透(偽名)=降谷零(本名)を演じるは、古谷徹さん。
諸星大(偽名)=赤井秀一(本名)を演じるのは、池田秀一さん。

そして、飛田(偽名)=風見裕也(本名)を演じるのは、飛田展男さん…といった感じで、名前にも声優さんの名前が入るパターン!


昔野球小僧だったとか安室はいつ知ったのか…

もしかすると、野球の助っ人として参加する時に、風見が「降谷さん、実は自分昔は野球小僧で」とか言っていたのかも。

梓は風見を見て、どこかで会ったことがあるんじゃないかと疑い…

前回、ラーメン小倉の出来事ですね(笑)



野球チーム名は「米花ライスフラワーズ」

つまり、ライスフラワーライスフラワーズ(笑)


「米花ライスフラワーズ」の対戦相手は、「杯戸ジャガーズ

ジャガーズといえば、妃先生がこの野球チームのファンでしたね!

名前にもちょっとした小ネタを入れてくるのは好きですね。


ラーメン小倉が杯戸ジャガーズの目の敵にされているのは、移転が原因。

『死ぬほど美味いラーメン』で起こった事件がきっかで、店を移転することになりましたからね…

杯戸町から米花町へ。

まさかあの話がここにつながってくるとは…

そして、まさかの1番ピッチャーは、ラーメン小倉の大橋彩代!

キャッチャーは小倉店主みたいなので、普段から草野球に向けて投球練習しているんでしょうか(笑)


安室は空振り三振、あれれー

安室さん 野球できるけれど、あえて手を抜いている感じ。

風見も「降谷さん」ではなく、「安室さん」呼びで 本気をださない安室に問う。

安室に「期待している」と言われて、かなりやる気十分の風見だが、ダブルプレーに…

このあたりも風見らしいところですよね。

杯戸ジャガーズの猛攻は続き、5回 7対0で米花ライスフラワーズはぼろ負け状態…

2アウト 一、二塁… 後1点でゴールド負けに!


ピッチャーの彩代が足をひねり、

落としたボールをキャッチャーの小倉店主が一塁に投げるも暴投!

二塁ランナーは三塁を周り、大ピンチ!


そんな時、暴投で飛んできたボールを拾い、ホームまで豪速球を投げる安室!!!!!!

さすが安室さん…

恐ろしい肩の持ち主ですね…

スリーアウトチェンジ!

なんとかゴールド負けは避けられたものの、ピッチャーの彩代が足を挫いてしまいピンチに!

一体どうする…⁉

そんなピンチに安室が一言。


「僕達が勝つ可能性、

まだゼロじゃありませんから…」


「ゼロ」にちなんだ安室らしい言葉。

いよいよ本格的に野球漫画っぽくなってきましたね(笑)

一体どうやって逆転勝ちするつもりなんでしょうか…

ピッチャーはおそらく安室に交代⁉

ライスフラワーズは人数が足りていませんが、緑さんあたりが足りない人員として補充される⁉

それとも、強力なピンチヒッターが登場⁉

来週は表紙&巻頭カラー。

野球スタイルの安室が表紙を飾るのかも。

来週の話でゼロティは一旦お休み。

来々週からは原作が再開なので、どんな展開になるのか楽しみです。

原作はコナンと安室が雪山… どうやら長野の雪山に行くらしいので、こちらも楽しみです。

青山先生も表紙を描き下ろしたそうなので、もしかすると『ゼロの日常』『名探偵コナン』と連続してサンデーの表紙を飾ることもありえそうですね。



ゼロの日常 TIME.25 僕の隠し玉

今週のゼロティは、青山先生のプロット回!



扉は、雑踏の中の安室。

夜、寒そうな風見。

風見は安室に証拠品?のSDカードを渡し…さらに寒そうな風見(笑)

長い間外で安室を待っていたのもありますが、風見って結構寒がりだったりして。


前回 風見がハロを預かったお礼もかねて、安室は風見と一緒にラーメンを食べに行くことに。

この場面でも、風見は「ワンちゃん」、安室は「犬」と呼んでいて、「ハロ」とは一度も言っていない二人。

やっぱり風見は犬の名前が「ハロ」だと知らないんですね。


眼鏡のあの少年ことコナンがおすすめしていた、メンマが有名なラーメン屋さん。

青山先生プロットなので、もちろんあのラーメン屋ですね。


☆☆☆



修正画の段階で、4コマ目のおじさんの正体に気付いていれば、きっと予想できた人も結構いたと思います。

死ぬほどヤバイ「ラーメン小倉」!

『死ぬほど美味いラーメン』で原作で2回登場しているラーメン屋さん。

ブルーパロットに続き、原作で登場したお店がスピンオフでも出てきました。


風見は閻魔大王ラーメンを「大盛りメンマましまし」で(笑)

安室のおごりなのにも関わらず、風見は自分だけましましのメニューを注文。

そこが風見らしいところというべきか。

すみません、閉店間際に…と店主への安室の気遣い。


さっそく閻魔大王ラーメンを食べようかという時に、あの「カレーに失礼」回でのやりとりを思い出す風見(笑)

また食へのこだわりが強い降谷さんに突っ込まれる…

そんな思いを抱えつつも、ラーメンのスープを飲めばそんな不安も吹っ飛んでしまう風見(笑)

うまそー‼

うんまー‼

メンマさいこー‼

かなりはっちゃけてますね、風見(笑)


☆☆☆


餃子の食べ方。

酢とコショウ派の風見。

ウスターソース派の安室。

安室の食べ方は、カレーの時と同じく青山先生と同じ食べ方なんでしょうか…

ちょっと気になりますね。



スープをがぶ飲みワイルドな安室。

実はこうするとさっぱり飲めると蘊蓄を披露、
風見も真似して飲んで…全部飲み干してしまう(笑)

実に風見らしい…

青山先生の中でも風見はこういう位置付けのキャラなんですね。


結局は安室にツッコまれる風見(笑)



後日、メンマの味が忘れられなくて、ラーメン小倉を再び訪れた風見。

隣の女性客がダイエット中ということで、風見が安室から聞いたスープの蘊蓄を話すも…

その女性客は梓と緑でした(笑)

眼鏡が湯気で真っ白になり、相手の顔が見えず、だんだん相手の顔が見えてくる見せ方、好きですね。

梓さんと緑さん…本当に仲良いですよね。

原作でもこの二人が仲よくしているところを見てみたいです。

スープをまたしても飲み干してしまう風見(笑)

スープの蘊蓄や飲み干してしまうと意味がない話は、全て安室が梓に話していたんでしょうね。

ポアロで安室が梓に楽しそうに話しているのが思い浮かびます。

なんだかんだで、この間の「REIちゃん編」と同じく、今回も『風見の日常』な話でした(笑)

風見のキャラってやっぱり面白いですよねぇ…


☆☆☆


そして気になる来週は、「草野球」の話(笑)

ピンチヒッターを頼まれた安室と風見が正体を隠して草野球に参戦!

どういう話の流れで参加するのかはわかりませんが、安室はポアロの常連or買い出しの帰りで声掛けられて…というパターンになりそう。

しかし、風見は一体どういう流れで草野球するのか謎。

とにもかくにも楽しみです♪


ゼロの日常 TIME.24 ワンちゃん‼

ゼロティ連載再開!

前回は、スキー教室でトンデモ技を披露した安室さんの話で終わっていましたね。

公式アプリでは、その話を無料公開してくれるという手厚いフォローも!


今回はそのスキー教室回の裏側が描かれた話。

もちろん今回の話だけでも楽しめる内容になっています。


☆☆☆


そして本編読む前にチェックしてほしいのが、プレゼントのページ。

オフの日の降谷さんに贈りたいものプレゼント!

と題して、風見が降谷に喜んでもらうために選んだ設定になっていますが…

「赤い」モバイルバッテリー!

それはNG… 降谷さんに叱られる!パターンですね(笑)

赤いのNGは基本ですが、きっと風見は知らないのかも。


☆☆☆


扉は、夜 どこかのSAでアメリカンドッグを食べる安室。


本編は回想から。

任務(スキー教室)のために米花町を離れるので、ペット(ハロ)にエサと水をやってほしい…と風見に頼む安室。

ハロは風見に預けているものと思っていたので、まさか安室宅までえさをやりにくるのは予想外でした。

つまり安室宅の鍵を持っているということですよね。

普通に頼んでいましたが、安室にもしもの時があった場合に鍵を渡しているんでしょうか…

細かいことが気になってしまう僕の悪いくせ(右京さん風に)。

ある意味風見に絶対の信頼を置いているとも言えますが。

上司が部下にペットのえさやりを頼むのも降谷零だからできることといった感じがしますねー

風見はハロにとんでもない技能を仕込もうとウキウキ(笑)

ワンちゃん‼

笑顔でえさを置く風見(笑)

急に謎の男がえさをやりにきたら、そりゃハロも警戒しますよね。

しかも、「ワンちゃん」呼び。


翌日、えさをあまり食べていないことを心配して 風見は安室に電話。

安室は群馬のスキー場。

ここで前回の「ちゃんと食べているなら問題はない」に繋がる訳ですね。

安室は風見との電話から、他の犬に触ってきたから警戒したのではと推理。

この間あった大尉とのやりとりにも触れ、目線を合わせてアゴの下をなでるといいと豆知識を披露。

喜ぶ風見(笑)

ハロと一緒にランニングしたり、技を覚えさせたりと楽しそうな風見。

これは風見の私服なのか、かなりやる気ですよね。

しかし一貫して「ワンちゃん」呼び。

おそらく安室は風見にペットの犬の「名前」を教えてないんでしょうね(笑)

安室も「ペット」「ボクの犬」とあえて名前で呼んでいない感じですね。

風見は名前が気になって安室に聞きそうな気もしますが、安室はスルーしそう。


仕事が優先と言いつつ、ついついペットの世話に夢中の風見(笑)

スマホゲームの件といい、風見って はまると結構のめり込むタイプですよね。

必死に謝る風見の姿を見たハロは、犬用のガムを風見にプレゼント。

これでも食べて、元気だしな。

ガムあげるからごはんちょうだい。

ごはん忘れてるよ。

ハロは、風見のことを良い部下だと思ってそうです(笑)

表情もいつもよりキリリとしていますし。



安室が帰宅すると、そこにはハロと一緒に眠る風見の姿が。

寝ている風見に、ハロが毛布をかけてあげたんでしょうか。

どっちが世話されているんだか。

前にも張り切りすぎて、最後は車で眠ってしまう風見の話がありましたが、
今回も同じようなパターンですね。

そこが風見の良いところというか、人間味溢れるキャラですよね…

ハロと風見の化学反応で、新たな展開に。

今後、起こるかもしれない安室とハロの別れ。

もしかするとハロは、風見に貰われるのかもしれないですね。

トリプルフェイスな生活ゆえに、風見にハロを任せることも増えていきそうですし。


次回は安室が風見に感謝の日常。

ハロの世話をしてくれたことに感謝して、安室が風見に何かするのか…それとも、全く別の話か。

風見回が続きますね。


警察学校編がいつになるのか分かりませんが、今回の再開では始まりそうにないような気も…

来週の話も楽しみです。

『紺青の拳』メイン&フィストビジュアル解禁!

4月12日公開の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』

メインビジュアルがついに解禁されました!

本日発売のサンデーをはじめ、ネットなどでも情報が載っていますね。



キャッチコピーは、
「雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」

毎年コナンの劇場版は「○○ミステリー」とキャッチコピーがつくんですが、今年は「三位一体(トリニティ)バトルミステリー」

(昨年は、「極秘任務(シークレットミッション)ミステリー」でした)

バトルミステリーといえば、『漆黒の追跡者』の時にも使われました。

しかし、今回は「三位一体」がプラス。

まさにコナンにキッド、京極さんのことですね。


メインビジュアルのポスター、コナンは着地するポーズで。

アーサー・ヒライではなく、江戸川コナンの服装(笑)

これアーサー・ヒライだったらかなりシュールなポスターでしたね。


左上にキッド、右上に京極さん。

さらに、中央には…

新一‼‼‼


劇場版のポスターで新一が「センター」にいるのは今回が初⁉(のはず)

いつも帝丹の制服ですが、今回はタキシードのようなものを着てますね。

手には宝石 ブルーサファイア

恋人になった新一と蘭。

その宝石をもしや蘭にプレゼントする気なのか⁉ と思ってしまいそうなほど、真剣な表情。

しかも蘭の表情が明るいですし(去年は切ない表情だったので、ちょっと新鮮ですね)。

キッドの変装ではなく、本物の新一が登場するかも⁉ そんな予想をついついしてしまいますね…

その可能性もありえなくはないですが、もし元に戻ったら、劇場版では『迷宮の十字路』以来。


一方園子は祈るようなポーズで…

おそらく京極さんの無事を祈っているんでしょうね。

そして探偵団と灰原。

今回は探偵団の出番がどれだけあるのか分かりません。

ただ諏訪プロデューサーの意向で、毎年ポスターには探偵団を載せることになっています。


背景はシンガポールの夜景。

マーライオンもマリーナベイ・サンズも。

劇場版では存分にその美しい風景を描いてほしいですね。


☆☆☆


そして、「フィストビジュアル」なるものも解禁!


昨年は、「バトルビジュアル」でコナンと安室さんが対峙しているビジュアルが発表されましたね。


今年は、コナンとキッドと京極さんが必死に何かに手を伸ばしている…かと思いきや、グーチョキパーとじゃんけんをしています(笑)

じゃんけんの「あいこ」のような、永遠に着くことのない3人の関係を表したビジュアル。

キッドはチョキをちょっとカッコよく出しているのがポイントですね(笑)

下にカードがあるので、キッドがちょうどカードを投げた手の形がチョキになっているということでしょうね…

ただのグーチョキパーかと思いきや、結構こだわりを感じます。


キッドはチョキ、コナンはパー、京極さんはグー…

コナンVSキッドは、キッドの勝利(今までの対決から)。

コナンVS京極は、コナンの勝利(子ども相手に京極さんは勝てない)。

キッドVS京極は、京極さんの勝利(物理的な戦いでは)。

…ということになりそうですね。


フィストビジュアルがじゃんけんということで、今後じゃんけんに絡めた企画も出てきそうで楽しみです。

FILE1026 大切な物ですから…

表紙はキッド!

瞳が描かれていないのはミステリアスで好きですね。

モノクルに映ったコナンも。

このコナンはカラーイラスト全集(初期)のコナン!

モノクルに映っているので左右反転しているのがいいですね。

カラーイラスト全集に、コナンのメガネにキッドが映ったイラストが収録されているのを思い出しました。


さて、本編はグイグイくる世良の追及 解決編。

扉絵からさっそくトリックのネタバレを…(汗)


事件に真相に気付いたコナンだが、世良は事件どころではないので…

久々に推理クイーン 眠りの園子登場!

アニオリではたまに登場するんですが、原作では世良の登場以降、JKトリオ回では世良が活躍するパターンが多かったので、本当に久しぶり。

世良が登場する前、『絶叫手術室』回が最後でしょうか…


だから世良は眠りの園子を知らないんですよね。

しかしさすがに世良は、眠りの園子の正体がコナンだと気付いている模様(笑)

以前"領域外の妹"ことメアリーが変声機で眠りの小五郎をしていたのもありますし。

それを察したコナンは、京極さんに指示を出して 世良が身動きとれないようにさせる…

今回京極さんがいなかったら どうするつもりだったんでしょうかね。


第1の事件 徳薗転落の真相は、チョウチョのジョークグッズを使ったトリック。

そして徳薗転落時にずっと4階を見上げていたメイクの油井英香が犯人!

…ここまではおそらく読者の予想通り……?

問題は第2の事件 尾取毒殺事件の真相。

シェイクやストローから毒が出なかった件は、毒付きストローの先を別のストローにキャップのようにはめたというシンプルなトリック。

…な、なんだって⁉

尾取さんが毒殺される話を見直してみると、きちんとストローにトリックの痕跡が……………

ありませんでした(汗)

単行本では少しストローに切れ目が少し入っているとか描かれているとうれしいですね。

毒付きストローの先と 尾取さんのスマホは、彼が倒れた時に回収。

みんなが注目している隙に…

こっそりと…

いやいやいや、なかなかリスキーですね(笑)


毒付きストローの先を引き抜くのって結構怖いですよね。

素手ですし、もしかしたらストローにわずかに毒が残っている可能性もありますし。

それをカプセルの中に入れて保存。

ストローを広げて、巻く向きを変えるとコンパクトになるのは面白いですね!

ただカプセルに保存する時に、毒が手に付きそうな気が(汗)

もう持ち歩くよりもトイレとかに流すか、現場の別の場所にこっそり捨てた方が良かった気もします。

警察がいる中で隠滅するのはやっぱり難しかったのか…


動機はやはり亡くなったADの西部絡みで、血の出る石鹸…

これにて事件解決かと思いきや、英香は撮影班のワゴン車に乗り込み、車ごと校舎に突っ込んで自殺を図ろうと…⁉

しかし、世良が窓ガラスにヒビを入れて、京極さんがまさかの車の後部を掴んで止めて、蘭が窓ガラスを破って英香を救出!

見事な連係プレー!

車を持ち上げて止めるって…相変わらず京極さんは人間離れした技を披露しますね(笑)

今度の劇場版でも、きっと凄いアクションを披露するでしょうし、楽しみです。

3人がいなかったら、犯人をみすみす自殺させてしまっていたところでしたね。

もしかすると、ワゴン車のエアバッグがうまく開いて助かる可能性もありそうですが…

「命に他人のも自分のもありません…
奪っちゃいけない大切な物ですから…」

蘭が犯人にかけたこの言葉、友達のお母さん=平次の母 静華が以前犯人にかけたものと同じですね。

最後のページの柱にも載っていますし。

『偽りだらけの依頼人』のラストシーン、静華が犯人の振り回す刀を扇子で止めるという離れ業が印象に残っています。

から紅の恋歌』では、いつの間にか かるたのクイーンになっていたのには驚きました。



そして、そんな蘭を見て 監督が藤峰有希子を思い出し、スカウトしようと考える…

蘭がスカウトされる話は『中華街雨のデジャビュ』でありましたねー

あれはNY編導入部で懐かしいです。


オチは、刑事役にスカウトされたものの、演技はダメダメだった京極さん(笑)


今回の話、京極さんと園子がメインかと思いきや、世良とコナン、灰原の話が入ってきて意外な展開になり、世良&蘭&京極さんが活躍し、最後は京極さんで締めるという二転三転する中編になりました。


次世良が登場する時は、おそらく灰原と対面する時。

どんな対決が待っているのか楽しみです。



アニメ化する時はきっと3部作になりそう。

尺的にアゼンジャーズの劇中シーンとか色々と追加されそうな予感!


原作は7~10号までお休み。

つまり、7~10号は『ゼロの日常』の連載。

警察学校編がどのタイミングで始まるのかも気になりますね。

原作は11号から連載再開!

2月13日再開。

次の話は、話そうDAYで明かされた安室と雪山長編…?

長編なら6話は確定でしょうか…こちらも楽しみですね。