コナンめも日和

「名探偵コナン」についてサンデー中心に書いています。

ゼロの日常 TIME.23 真似しないように

今週のゼロティ、Twitterの予告にもあったように 雪山でのスキー話。

先週は告知がなかったので、どんな話なのか気になっていましたが、
米花町を飛び出し ガラリと舞台を変えて新鮮な気持ちで読めた話でした。

早くも累計130万部突破!

本当に売れまくっているみたいで、本当に恐ろしい男…


扉絵はスキーウェアを着込んで気合い十分な安室。

群馬県のスキー場にて。

群馬県といえば 山村警部なんですが、基本的にゼロティで大きな事件は起きないので、登場することはなさそう。

なぜか子ども達にスキーを教えている安室。

本来は「名探偵毛利小五郎のスキー教室」という形で、小五郎がスキーを教えることになっていたようで(笑)

しかし、小五郎は急用で来れなくなってしまい、代役で安室が来たとのこと。

小五郎のおっちゃんがスキー教室を…

小五郎といえば、『雪山山荘殺人事件』でスキーしていた記憶があるんですが、
子どもたちに教えられるほど上手かったかどうか…

安室はジュニアの大会で優勝する経験があるとか。

前に『密室にいるコナン/謎解きするバーボン』で、
テニスはジュニア優勝経験があるとか言っていましたよね。

まさかスキーも優勝経験が⁉

いやいや安室お得意の交渉術、嘘かもしれないですね。

ハイスペックの裏に隠された「ジュニアの大会で優勝」

まさにコナン(新一)の「ハワイで親父に教わったんだ」を思い出します(笑)

しかし安室はきっと幼い頃から色んなことに挑戦して、
一つひとつ身に付けていったのかもしれませんね…

そう、先週の自転車の話のように。



スキー教室を依頼したと思われる関係者のおじさんと話していると、安室に風見からの着信が!

「あぁ、その事か…」

「ちゃんと食べているなら問題はない…」

「病気にはなっていないだろうな?」

次のページでは話が変わっているので、さらっと読むと一体何のこと? ってなりそうですが、

これはハロのことですよね。


安室はスキー教室で群馬まで遠出、日帰りではなく泊まりでしょうし、
一緒にハロを連れていく訳にはいかない…

ということで、ハロを風見に一時的に預かってもらっているんでしょうね。

安室はどういう理由を付けて、風見にハロの世話をするようにしたのか…

風見はハロが安室の飼い犬だと知っているのか、

全く知らずに「降谷さんから命じられたから」という理由でハロの世話をしているのか…

おそらく安室の飼い犬だとは明かしてなさそうですが(笑)

風見とハロの交流を描いた『ゼロの日常』の番外編もちょっと読んでみたくなりました。


安室のスキー教室は、子どもたちも大喜び。

吹雪いてきたので、今日の教室はおしまい…

しかし、参加していた男の子が一人いない、浩太がいない!

浩太の父親のスマホに浩太から連絡が!

どうやら立ち入り禁止エリアに遭難したようで、スキー板も折れて大ピンチ!

分かっているのは、浩太のスマホの位置情報のみ!


捜索開始は明日に…なるはずもなく、その場から消える安室!


いやぁ…急展開ですね…


浩太は安室が連れて帰ると宣言!

険しい雪山をどんどん滑っていく安室… まさに命懸けですが、その姿は恐ろしくかっこいい…

もう会えないと泣く浩太の元へ、安室到着!

「また会えるから!」

颯爽と駆けつけて、「ニッコリ顔」で「えらいぞ」と浩太を褒める安室。

この「ニッコリ顔」に修正したのは青山先生。

確かに笑顔にすると、より一層浩太の喜び嬉しさ安心感が増し増しになったような気がして、読んでいるこちらも嬉しくなりますね。

まさに浩太にとっての天使… 救いの女神… 天使の笑顔…

低体温症の初期症状が見られる浩太を背負う安室。

好奇心は上達への一番の近道。

おそらく幼い頃の安室もそんな風に好奇心のままに突っ走っていたのかもですね。

零少年、絆創膏だらけでしたし。


「これから僕がする滑りは、決して真似しないように!」

今回のタイトル回収。

RX-7回の「舌をかまないように」っぽい言い回し。

ジェットコースター並みの速さで滑る安室、喜ぶ浩太!

しかし、この先には崖が!

そのまま大きく飛んだぁーー!


子どもを背負ったままスキージャンプという離れ業を披露し、なんとか病院まで連れていくことができた安室。

沈黙の15分』でもコナンがスノボーでジャンプしていましたが、安室もかなり凄いことをやってのけますよね(笑)

しかも頭の中に雪山の地図が入っていて、そのルートをたどって滑っていますし。



後日談もほのぼのしていていいですね。


柱には「悪魔的スキーテク」とアオリが。

この「悪魔的」は『ゼロの執行人』で脚本の櫻井さんがRX-7を運転する場面で使った表現。

安室の超絶技は、子ども達の間で語り継がれる伝説となったのでした(笑)

浩太もあの一件からスキーをやめるのではなく、どんどん上達していってほしいですね。

きっと浩太にとって、いい意味で忘れられない思い出になったはず…


とまぁ前回の「自転車」今回の「スキー」と子どもとの交流を描いた話が続きましたが、
ここで『ゼロの日常』の新たな局面が見えてきたなーと感じました。

こういうテイストの話も読めるのはいいですね。

しかし、残念ながら…次回から休載!!!

来年1月16日発売の7号から連載再開!!

原作は11月28日発売の53号から再開するので、ここで2週間 原作もゼロティも連載がない状態が続きますね。

原作とゼロティ 毎週どちらかが連載している状態が基本だったので、こうなるのは少し意外でした。

新井先生も急ピッチで2巻発売までギリギリ連載しましたし、さらに今後の警察学校編への準備などもありそうですし、これからのゼロティを楽しみにしつつ、
原作の再開、劇場版の情報解禁!を楽しみにしたいと思います。


今日は11月7日…

松田刑事と萩原刑事の命日ですね…

静かに眠れ… 友よ…

ゼロの日常 TIME.22 ポアロの兄ちゃん

今週の『ゼロの日常』は、少年と自転車の特訓!


少年はRX-7暴走回のあの飛び出し少年かと思っていましたが、予想が外れました。

まさか原作ネタで来るとは!


扉はハロの散歩中、公園で休憩中の安室。

ハロがどこか太陽の方を向いているのかな。

ブランコといえば、EDテーマ「さだめ」のスコッチこと諸伏景光を思い出しますね。

あの時はどこか遠くを向いて呟く姿が印象的でしたが、
ハロも彼と同じ方向を向いているような そんな気がしました。


ポアロにて。

クリームソーダナポリタンを嬉しそうに食べる少年。

この少年、どこかで見たことあるぞ!

と思ったら、『消えた死体殺人事件』に登場した少年でした。

https://websunday.net/conandb/lib/00/0016.htmlwebsunday.net

アキラという猫を探してほしいと探偵団に依頼してきたんでしたね。

端にアキラについては6巻参照と丁寧に注釈があるように、この少年は6巻に登場します。

名前もないので、少年としか書かれていません(笑)

しかし、アニメでは「浩樹」という名前が付いています。


梓姉ちゃんと呼んでいるので、ポアロの常連さんみたいですね。

友達と自転車で遠くに行く予定をしているけれど、自転車に乗れないので練習に付き合ってほしい…

と、梓にお願いした少年でしたが、男同士の方がいいからと安室と練習することに(笑)


ーーこんなかっこいい兄ちゃんに、僕の気持ちはわからないよ…

最初はムスッとしている少年の様子。

安室もきっとこの手の交渉には慣れているんでしょうね。

最後には仮面ヤイバーシールを渡して、相手の心を掴みます(笑)

公安は交渉術に長けていますね。

一体いつの間に用意したんだというツッコミはさておき、さすが安室さんです。

公安の違法捜査か風見のおかげか…

単純に安室は探偵団と仲が良いので、その時のためにヤイバーのシールを元々用意していたのかもしれませんね。

『消えた死体殺人事件』では仮面ヤイバーカードが出てきたので、その繋がりですね。


翌日もポアロを訪れ、シールが欲しいから…と言い張る少年。

少年にカードを見せてもらったり、いつの間にかアキラが一緒にいたり、本当にほのぼのした風景…

ーーやっぱりボクには無理なんだ…

そんな様子の正念を見て、安室はニヤリ。

最終手段、サドルの後ろを持っているから漕いでみて!ですね。

気がついたらサドルから手が離れていて、やった!乗れるようになった!というベタな展開。


…と思いきや。

幼い頃の安室ーー降谷零と、エレーナ先生の思い出!!!!

安室も幼い頃、自転車に乗れなくてエレーナと一緒に練習していたんですね。

タンクトップの安室といえば、この間の原作でチラッと景光の後ろに描かれていたのを思い出します。

黒ウサギ亭での回想では、すでにエレーナのお腹に志保がいたことが分かりましたが、
今回の回想はそれよりもかなり前の話でしょうか。

そうなると、安室とエレーナは結構長い間交流があったみたいですね。

エレーナは安室の初恋の人…

安室にとって、エレーナと一緒にいた時間は本当にかけがえのないものだったんですね…

エレーナとバイバイしなくちゃならない…と知った時の安室は本当に辛かったでしょうね。


自転車の練習といえば、自分の親と一緒にすることもあるはず。

安室の両親は幼い頃どうしていたのか…

もしかすると安室の両親は生まれた時からいない…ということも。

安室の過去ついては謎が多いので、いずれ明かされる時を楽しみにしたいと思います。


エレーナ先生の笑顔。

その笑顔が見られて安室は本当に嬉しかったでしょうね。

エレーナと一緒に練習したことで、自転車を漕げるようになった安室。


そんな昔話を安室が思い出していると、少年も自転車を漕げるようになっていました。

ほのぼのしていていいですね。

雨中のハロの時もエレーナのことを思い出していましたが、今回もエレーナのことを思い出していた安室。

あの頃のエレーナは29歳…

エレーナと同じ年齢になった安室だからこそ、あの時の彼女の気持ちがより一層分かるようになったのかもしれませんね。



後日、河原で仮面ヤイバーのレインボーシールを嬉しそうに見ている少年3人。

自転車が3台停まっているので、ああ本当に乗れるようになったんだ…と安心しますよね。

ポアロの兄ちゃんにもらったんだ!と嬉しそうに話す少年。

ーーこんなかっこいい兄ちゃんに、僕の気持ちはわからないよ…

最初はそんなことを思っていた少年も、すっかり安室のことを好きになったみたいですね。

次回はどんな話なのか、予告などは全く書かれていませんが、来週も楽しみです。

警察学校編はいつになるのか…それも気になりますが(笑)

ゼロの日常 TIME.21 逃げてください

TIME.21 逃げてください

今週のサンデー、セブンイレブンでは特製クリアファイルが付いてきます。

最近は公式アカウントなどから、コンビニ限定特典のお知らせがあるのが嬉しいですね。

前までは当日になってやっと分かる感じでしたから。

今回はコナン&ゼロティ&犯沢さんのトリプルコラボ!

ゼロティはハロもクリアファイルに載っているのが嬉しかったです。


今回は護身術の話。

またまた前回に引き続き、梓&緑登場!

ストーカー絡みの話だったので、ある意味展開は予想できましたが、まさに「ゼロの日常」らしい物語になっていました。


扉はボクシングな安室!

日頃鍛練を怠らない安室ですが、ボクシングをするために時々ジムにも行っているんでしょうかね。


夜道でストーカーに襲われそうになった緑。

翌日、警察に相談した流れでポアロにも訪れたようでーー

安室がきちんと緑の相談に乗っている姿は、まるで探偵と依頼人のよう。

難しい案件を扱っている妃先生に迷惑をかけないためにも、
安室に話を聞いてもらいにきた緑。

そこで緑は安室にお願いするんですが、「ボディーガードになってください!」ではなく「私に護身術を教えてください‼」というのが実に彼女らしいというか(笑)

緑は安室が私立探偵だから、護身術にも長けていると考えて依頼したんでしょうかね。


手持ちの荷物で身を守る方法を考えていると、急に「掌で鼻の下やアゴめがけて!」と掌を前に繰り出す梓。

前から「梓ちゃん」呼びの緑さんも気になりますが(笑)

あの『真犯人からの届け物』事件で、梓は犯人に襲われたことがきっかけで色々と護身術を調べたことがあるそうで。

この間の梓の兄・杉人の件以来、久々に『真犯人からの届け物』の話が出ましたね。

新井先生 結構色々と昔の話を持ち出してくるので、嬉しいですね。


色々な護身術を考えるも、安室からのアドバイスは一言。

「何かあったら、逃げてください!」


でもまさにその通りで、ストーカーは対象に近づこうとしている訳で、
ストーカーから出来るだけ距離をとることが大切ですよね…

夜道、安室のアドバイスでいつもと違うルートで帰る緑。

安室は途中まで付き添い。

踏み切りのところで緑を見送る安室。

ここで不穏な気配が…

コマの周りが黒くなっているので、これストーカーの視点なんですよね。

急に鳴り出す踏み切り。

安室の後ろ姿をロックオンするストーカー…

刃物をもって安室に襲いかかるストーカー!

それを目撃する緑!

しかし目の前を電車が通過しているので、様子が分からない!

ベタですけどこの演出良いですよね。


電車が通過する中、安室はストーカーを撃退!

まるで映画のワンシーンみたいな感じで、この構図も好きですね。


踏み切りが上がると、何事もなかったかのように振る舞う安室の姿が…(笑)

緑の視点からは、倒れているストーカーが踏み切りの柱に隠れて見えないのもポイント。

おそらく安室のことですから、緑にストーカーが襲ってくることを計算して
あえて踏み切りで待ち伏せしたのかもしれませんね。

ちょうど踏み切りが鳴り出すタイミングを狙って。

無事にストーカーを捕まえることができた安室。

ストーカーは結束バンドか何かで身動きがとれないようにされているみたいですね。

さらっと風見に連絡する安室(笑)

この間のバイクテクの時は警察に通報しましたが、今回は連絡手段が手持ちの携帯くらいしかなかったので、風見に連絡したのかも。

電話かけてすぐに応答できる風見も凄いですが、
きっと降谷零からの電話をいつも待ち構えていそうです。


後日談にも緑が登場。

ストーカーが出なくなって一件落着。

緑本人は護身術で撃退したかったみたいですが……(笑)

今週はまさに「THE ゼロの日常」と言うべき話でしたね!

安室の日常を描きつつ、さりげなく裏の活躍も描くという基本フォーマット。

1話もそんな感じでしたし。

来週はある少年と「自転車の特訓」⁉

自転車といえば、あの1巻 TIME.6 RX-7でのドリフト回。

RX-7でぶつかりそうになったあの少年が、おまけページでは自転車でドリフトの練習しているのを思い出します。

あの少年が再登場するのでしょうか⁉…楽しみです。

『ゼロの日常』2巻 収録内容

ゼロティ2巻、ついに発売されました!

原作95巻と犯沢さん3巻と同時発売。

今週サンデーに掲載されたばかりの話も載っているという、かなり奇妙なことにもなっています(笑)

累計110万部を突破したということで、かなり売れているみたいですね。

1巻のカバーは降谷零でしたが、今回は安室透。

帯、カバー、カバー下と見事なトリプルフェイスを披露している素敵な仕様は今回も健在!


さて、2巻に収録されている話を振り返ってみます。


ちなみに、1巻収録内容のまとめはこちら。
silver4869.hatenablog.com


単行本では、TIME1~10とナンバリングが振り直されていますが、サンデー掲載時の番号でまとめています。


TIME.11 無礼講
【青山先生プロット】風見とバータイム
silver4869.hatenablog.com

TIME.12 こちらキャメル
【青山先生プロット】キャメルとティータイム
silver4869.hatenablog.com

TIME.13 あ…
【青山先生プロット】ポアロでの夢物語
silver4869.hatenablog.com

TIME.14 育ってるかな?
安室さんのセロリライフ
silver4869.hatenablog.com

TIME.15 カレーに失礼
【青山先生プロット】安室さん(青山先生)のカレー愛
silver4869.hatenablog.com

TIME.16 …だったよな?
【青山先生プロット】超絶バイクテク回
silver4869.hatenablog.com

TIME.17 お兄ちゃん⁉
梓の兄とふれあい大尉
silver4869.hatenablog.com

TIME.18 大物狙い
幼なじみとの釣り
silver4869.hatenablog.com

TIME.19 心のオアシス
【青山先生プロット】風見のゲームライフ
silver4869.hatenablog.com

TIME.20 ゲームだよ
【青山先生プロット】風見のゲームライフ(解決編)
silver4869.hatenablog.com


振り返ってみると、本当に青山先生のプロットが10話のうち7話!

半分以上が青山先生ネタ元、さらに作画のチェックもされているので、先生の関わり具合がハンパないことになっています(笑)

今後警察学校編の連載も控えていますので、青山先生の関わり具合がより一層増えそう。

巻末には、毎週Twitterでアップされている青山先生修正のネームが収録されています。

Twitterで見られなかったものもたくさんあるので、一見の価値あり。

本当に青山先生のチェックって凄いですよね…

杉人さんの「抱きしめ大尉」のギャグも青山先生発案のものになっていましたし、ギャグの見せ方にもこだわりを感じます。

コマ割りを大きく変更したり、本当に色んなところをチェックされていて、
見ているだけでマンガの見せ方の勉強にもなるなぁと思いました。


3巻は2019年初旬に発売するということで、
もしかするとそろそろ警察学校編がスタートして、収録される頃合いかもしれませんねー

連載を追いかけつつ、単行本も楽しみです。

ゼロの日常 TIME.20 ゲームだよ

2本立ての2本目!

疑惑のREIちゃん事件 後編。


扉はスマホを見る安室に、心配そうな表情の風見。

降谷さんがあのゲームをREIちゃんでプレイしているのか⁉という風見の疑念がにじみ出てますね。


結果は風見の勘違いだったんですが、風見の疑問がどんどん積み上がっていく描き方は面白かったです。


この後、安室は何の用事があるのか?

………ゲームだよ…

缶を落とす描写から読み取れる風見のショック…

降谷さん、この後「怪コレ」をプレイされるんですか?

もしかしてREIちゃんなんですか?

そんな思いが聞こえてきそう…


TEA TIMEにぴったりな缶紅茶を一緒に飲むのが日課みたいになっていますが、もはやそれどころではない様子の風見。

トイレで1人悩みつつ、怪コレをプレイする風見…もはや「風見裕也の日常」みたいな話になってますね(笑)

敬語を使ってREIちゃんに不審に思われるユーヤ。

この敵は…YAIBAに登場した「スギ花粉ソルジャー」!!!

まさに覇王剣を手に入れるまでの道のり…十文字斬り!

懐かしいですね…

ムカデのソルジャー!

これは地底突入時にヤイバが撃破した敵。

ソルジャーということで、ピラミッド編にちなんだ敵がどんどん登場しますねー

実は白が好きなREIちゃん。

風見は安室の愛車 白いRX-7を思い浮かべます(笑)

いや、そんなまさか…この風見の焦り具合が尋常じゃないですよね。

さらに料理や喫茶店と言われ、安室の得意なハムサンドやポアロを連想。

いやいやいや、そんなはずないない。

極めつけは、REIというハンドルネームを本名からとっていることが判明!

REI=零…

もう風見の頭の中は降谷さんでいっぱいになっていて、もうどうにもできない状態に。

と、ここまでがREIちゃんの疑惑編。

風見の追い詰められ具合が凄いですね。


この後が解決編!


ポアロで梓とツムツムのようなゲームをしている安室。

あのキャラアイコンになっていて細かいですよね。

今後、実際にこんなゲームが作られそうかも。


実は安室が「ゲームだよ」と言っていたのは、梓とゲームすることでした。

さらにさらにREIちゃんの正体は、鶴山のおばあちゃま!!!

鶴山のおばあちゃまの名前は、鶴山麗子。

だからREIちゃんなんですね。

思いっ切りREIちゃんを見ている梓ですが、特に安室に似ているとかは思わなかったのかな…

どちらかといえば、ビジュアルは安室だけど 目は梓っぽい。

安室と梓の近くにいる存在だからこそ、REIちゃんは鶴山のおばあちゃまによって生まれてしまったのかもしれませんね…


鶴山におばあちゃま、華道の先生に社交ダンサー、さらにゲーマーというトリプルフェイスの持ち主でした(笑)

この結末は正直予想できなかったです。

青山先生プロットの回って、何気に鶴山のおばあちゃま登場するんですよね。

この間の夢オチも青山先生プロットで、鶴山のおばあちゃまの夢でしたし。

青山先生にとっても、結構お気に入りのキャラなのかもしれませんね。


最終的に「REIちゃん」呼びから「REIさん」呼びに変わるユーヤ…

完全に思い込んでしまっているようで、もう戻れない風見…


後日安室にゲームのことを聞いてより一層疑惑が深まることに(笑)

このまま勘違いしたまま風見は「怪コレ」をプレイし続けるのか…いずれ勘違いだったと気づくことになるのか…それは藪の中…


青山先生プロット回ということで、YAIBAに艦これと小ネタだらけでしたが、実にカオスな回でした(笑)

前後編ということでボリュームもありましたし、この話が2巻のラストを飾る訳で、なんという読後感。

まぁ1巻と同じくその後ネームが載っているんですが。

来週は護身術!

風見の出番がまたありそうな予感。


ゼロの日常 TIME.19 心のオアシス

今週はサンデー表紙&2本立て!

本誌ではステッカーの付録に全サも新たにスタート!と盛りだくさんのラインナップ。

かなり安室に染まった今週号から。

……ついに、2巻に収録される話が揃いましたね…

2巻の発売、明日なので本当にギリギリの収録となりました(笑)

コミックスの続きは本誌で!はよくある手法ですが、
コミックスに載っている内容は、今週号に載っていますよーはなかなかないですよね。


2本立てで青山先生のプロット回ということで、小ネタ満載のかなりカオスな回になっていました(笑)

あのおばあちゃまが出てくると、何かとみんなを引っ掻き回す感じですね…



表紙は、イチョウと安室。

イチョウといえば、博士の初恋… フサエさんと博士の再会はあるんでしょうかね…


扉絵は、机にカップ麺、スマホをじっと見る風見。

このシリアスな表情の風見が、本編では大変なことになるなんて…

冒頭、自販機の前に安室(降谷)と風見。

例の件は延期、缶の紅茶を渡され、「休息するのも仕事の内」と安室に助言される風見。


そんな風見、スマホのゲームにはまっているようで…

その名も「怪コレ -怪物コレクション-」

青山先生も大好きな「艦これ」が元ネタ(笑)

「覇王剣」「ヤマタノオロチ」「ソルジャー」って、完全にYAIBA!!!

風見のアバター ユーヤの職業は「侍」、装備は「雷神剣」「風神剣」「龍神の鎧」って、これもYAIBA!!!

青山先生プロット回だからなのか、新井先生もYAIBAが好きだからなのか、YAIBAネタの詰め合わせですね!

さらにユーヤの顔が刃と鬼丸を合わせたかのようなビジュアル。


まさかこんなにもゲームにはまってしまうとは、風見自身も想定外だったようで(笑)

タイミングよくイベント開始できたことを安室に感謝する風見!

REIちゃん!

顔がまさに安室透なアバター(笑)

これも青山先生が大好きな「艦これ」ネタ…

以前「武蔵改二」が安室と似ていると青山先生自身も発言して少し話題になりましたし、そのあたりを大きく影響受けていますね。

乾いた自分の心のオアシス!

今回のタイトルは、風見にとって癒しの存在であるREIちゃんのことでした。

2人1組ペアでプレイするゲームなので、REIちゃんがユーヤをサポート。

「GOLD」はYAIBAに出てきた敵!

このあたりも青山先生のプロットに描かれていたんでしょうかね。

REIちゃんから攻撃力と防御力を貰って敵の攻撃を防ぐユーヤ。

ゲームをプレイ中の風見。

普段人の前では見せない、鼻の下伸ばして完全にリラックスモード突入。

しかし!

携帯に連絡がかかってくれば、「了解」と応答してキリッとした表情に(笑)


銃士、白魔導士、盗賊…と三職使い分けるREIちゃん。

実は黒子に徹するのが好きだとか、私生活でも3つの顔を使い分けていることを告白。

まさにトリプルフェイス!

風見はREIちゃんが安室(降谷)ではないかと推測…という衝撃の展開に!

REIは降谷零から。

降谷零を感じさせる顔。

そしてトリプルフェイスな私生活。

このあたりの情報から自然と安室に結び付きますが、そんなまさか…(笑)

青山先生が描く風見って、何かと降谷零に振り回されている姿が強調されている気がします。


REIちゃんの正体は、次の話で。

普通なら、ここでまた来週!となるんですが、今週は2本立て。

次のページには続きが掲載されています。

つづく。

silver4869.hatenablog.com

ゼロの日常 TIME.18 大物狙い

なんと2巻収録のストックがないままに連載は進んでいます(笑)

今週の話は海釣りがメインでしたが、付随して色んな要素が絡んでかなり盛り込んだ話になっていた印象でした。

扉は榎本梓と栗山緑コンビ!

服屋で仲良く買い物中。

梓の鞄に大尉のストラップがついているのがポイントですね。

梓さんの手作りなんでしょうか…

原作では関わりない2人ですが、このスピンオフでは一度関わったことがあるので、
たまに緑がポアロに顔を出しているうちに、梓と仲良くなった感じかも。

おそらく緑さんも20代でしょうし、ネンレイが近いというのも大きいですね。

この年代で仲の良い女友達といえば、警視庁の佐藤さんと由美さんあたりでしょうか。


梓と仲良く談笑中の緑。

後で分かるんですが、緑がふと「生臭くない魚のメニュー ポアロで出してよ」と口にしたことがすべてのはじまり…なんですよね。

また明日来ると言っていますし、いつの間にかポアロの常連になっている栗山さん(笑)

その夜、謎のビルで何やら怪しげな行動をするバーボン。

ある会社の機密情報か何かを盗んだのか、ウイルスか何かを仕掛けたんでしょうか。

バーボンの出番も久々ですよねぇ…

この間のバイク回以来でしょうか。

ゼロティの中でバーボン登場率がかなり低いので、こういった形で出てくるのは嬉しいですね。

そして、RX-7で工藤邸の前へ…

工藤邸の窓の明かりをじっと見つめる安室。

緋色の件以来、沖矢昴のことをずっと疑っているんですよね。

一方沖矢も窓の外を気にしている様子。

沖矢はスピンオフ初登場。

おそらくRX-7が工藤邸に来たのは1度や2度ではないんでしょうね(笑)

原作ではお茶会事件があって、何か吹っ切れた感じもしているんですが、
スピンオフの安室はまだまだあのハイネックの男のことを疑い続けているようで。

潮干狩り事件の時はゾクゾクするほど寝心地が良いと言っていたように、
RX-7で工藤邸の前を通りすぎるのが日課になっているんですかね(笑)


安室は帰宅するも、すぐにハロを連れてどこかへ出掛ける準備。

夜にも関わらず、ちゃんと起きて主人を待っているハロ。

目を輝かせながらRX-7の助手席に乗っているハロ。

ハロ、やっぱり可愛いですねー

まさに孤独な安室にとっての相棒、心の支え…といった存在。


どこかの埠頭へ着いた安室。

釣竿とクーラーボックス抱えてやる気十分(笑)


釣りをしていたおじいさんに、「おとなしいいい子だね」と褒められるハロ。

ハーネスタイプのリード付けているハロも可愛いですね。

ちょこんとおとなしく座っているのも可愛い…

ゼロティはおじいさんとかおばあさんとかのキャラクターが物語に良いアクセントを加えている気がします。

新井先生自身、お年寄りとか描き慣れていそうな感じなので、その影響もあるかも。


なかなか釣れなくてボウズな安室。

おじいさんと安室のやりとり良いですね。

やっと釣れた小魚を海に戻す時、ハロにその理由を教えてあげているのも微笑ましい…

ボウズは、釣り用語で「1匹も魚が釣れないこと」の意味。

原作の『丸見え埠頭の惨劇』でも使われていたのが懐かしい話。

その後、『魚が消える一角岩』でも釣りのエピソードが描かれるんですが、ここで沖矢昴が漁船に乗って登場(笑)

釣りといえば、沖矢昴…ということで、この話に彼が登場したのはある意味宿命みたいなものだったのかもしれませんね。


「大物狙いですから!」


そう豪語する安室。

一見すると普通に大きな魚を釣ってやるぞ!という思いの表れに見える1コマ。

ここまで大きく描かかれた理由の1つとして、裏のテーマがあると推測できます。

そう、それは先ほど挙げた「沖矢昴」の存在。

安室は沖矢を「大物」に例えて、いつか釣ってやるぞ!と心に決めている様子がうかがえます。

工藤邸の前を見張る安室が描かれたのも「大物狙い」を意味しているんでしょうね…




釣りをしている安室の後ろ姿、少し切なく描かれているような気が。

右手をそっとハロの背中に置いているところも細かくて、新井先生のこだわりを感じます。

そして安室は釣りをしながら、ある昔の出来事を思い出すーー

幼い頃、降谷零が諸伏景光と一緒に釣りへ出掛けたこと。

ゼロ、ヒロとお互い呼びあう仲の良さ…

この間の原作で、降谷零の幼なじみが景光(スコッチ)だと明かされたものの、零が景光を何と呼んでいるのか明かされませんでした。

そもそもサンデーSでスコッチのあだ名クイズが開催され、その正解が「ヒロ」だと安室さんのLINEでこっそり発表されるなんてこともありました。

原作ではまた零の「ヒロ」呼びは未確定事項で、スピンオフにて初めて明かされる形になりましたね。

ゼロは半袖半ズボン、ヒロは長袖長ズボン。

絆創膏でヤンチャ感満載のゼロ、礼儀正しく元気なヒロ。

降谷零にとって、諸伏景光と過ごした日々は本当にかけがえのないものだったんだと感じさせる1コマですね。

朝日が昇るとともに、大物チヌ(クロダイ)を釣り上げる安室。

風と光を感じさせる良い見開き…

ハロも一緒に喜んでいるのが可愛い…


釣ったチヌをグラタンにして梓と緑に振る舞う安室。

まさか今朝釣ってきたばかりとは言えず(笑)

それにしても、栗山さんのちょっとした発言からわざわざ海にまで釣りにいくとはアクティブすぎるというか、恐ろしい男ですね。

しかも夜にバーボンとしての任務を終えてから、工藤邸に寄り道して、釣りに出かけて、そのまま釣った魚を翌朝調理。

睡眠時間がかなり気になりますが…

釣りをしていた時、少し眠っていたくらいですよね…?

本当に恐ろしい男ですね…安室さんは…(笑)


盛りだくさん過ぎる今週の話、改めて安室透、いや降谷零の凄さに気づかされました。

来週は、またしても表紙!そして2本立て!

着々とサンデー表紙を飾る確率が増えていく安室。

おそらく来週の2本立てまでが2巻の収録分になるので、かーなーりギリギリですね…

前後編で風見が絡んでくるので、どんな話になるのか楽しみです。

そして、あの名刺フェアが新たにスタートしますね。

今度は安室透ではなく、降谷零のLINEが…こちらもちょっと波乱の予感。

2巻の発売も楽しみです!


silver4869.hatenablog.com